雨ですが

 

 

 

公式ホームページはコチラ

 

 

今シーズンのとしまえんフィッシングエリアは終了致しました。来シーズンも是非ともよろしくお願いいたします。

 

練馬店ブログも毎日更新中!!!!!

 

☆オニテナガエビ釣り☆

オニテナガエビ釣り、1時間につき1匹オニテナガエビのグリルサービス中!!
ぜひ!!!

料金/1時間・・・・1500円(オニテナガエビグリル1匹付き)

  30分延長・・・700円(オニテナガエビグリル1匹サービス中!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

皆様コンバンハ、ちゃどでゴザイマス。

 

今日は雨がしとしと降っておまけに少し肌寒かったですね。

 

雨が降ると頭に鈍痛がするワタクシなのですが、気圧に関係しているのでしょうか?

 

なので雨は嫌いであります、どんなに暑くてもいいから晴れてほしいんですよねえ。

 

そんな雨模様で、お客様は少ないのかなあ?なんて思っていましたが、予想に反して沢山のお客様がお見えになられました。

 

練馬店も満員御礼だったらしく、練馬店に入れないお客様がわざわざ吉祥寺店にご来店してくれました。

 

しかしこちらも満員でしたのですぐには出来ず、お待ちいただいたお客様も何組かいらっしゃいました。

 

そんな感じでしたので後半はお魚もお疲れモードになってしまい、なかなか口を使ってくれなくなりましたが、それまではアマゴが

よく釣れていました。

 

 

よくお客様の中で、釣れなくなってくるとエサをイケスに撒く方がいらっしゃるのですが、エサを撒いてしまうと水面にエサが浮いてしまい、それを魚が食べるので、余計に釣れなくなります。

 

そして、水質が一気に悪化して輪をかけて釣れなくなってしまいますのでエサは撒かない方がいいです。

 

釣りのお時間が終わって、エサが余っていたとしてもイケスには撒かないでくださいね。

 

今日もお子様の数が多く、やっぱり休日はご家族でのご来場が多いんだなと思いました。

 

平日は一生懸命勉強して、休日はしっかり遊ぶ。

 

これをちゃんとしてないとワタクシみたいな大人になってしまいますので注意が必要です。

 

そんなわけで、釣果の大半はアマゴが主体ですが、チアユもポツポツ混ざりますので食べ比べてみてはと思います。

 

明日は12時オープンです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

でわまた。

 

 

-吉祥寺店スタッフ募集中!!!-

 

シフト制

★時給1100円〜

仕事内容 :ホール、キッチン

お客様に楽しんで頂くお店です!

働いているスタッフも大いに楽しまなきゃいけません。

楽しくお仕事できる方、楽しくお仕事したい方、

是非是非一緒に働きませんか?

ご興味のある方、ご連絡下さい。

採用担当 齋藤

連絡先 080-5895-9126

 

 

 

 

★釣り掘りカフェ Catch&Eat 吉祥寺店★

営業時間 

平日・土曜 12:00-21:00

日曜・祝日 10:00-21:00

釣り掘り受付最終 閉店1時間30分前

ドリンクフードラストオーダー 閉店30分前

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F

TEL090-1213-6559

 

 

株式会社ビッグホーン

HP:http://www.bighorn.jp/

アマゴ順調

 

 

 

公式ホームページはコチラ

 

 

今シーズンのとしまえんフィッシングエリアは終了致しました。来シーズンも是非ともよろしくお願いいたします。

 

練馬店ブログも毎日更新中!!!!!

 

☆オニテナガエビ釣り☆

オニテナガエビ釣り、1時間につき1匹オニテナガエビのグリルサービス中!!
ぜひ!!!

料金/1時間・・・・1500円(オニテナガエビグリル1匹付き)

  30分延長・・・700円(オニテナガエビグリル1匹サービス中!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

皆様コンバンハ、ちゃどでゴザイマス。

 

本日の吉祥寺店ですが、土曜日ということもありお子様が多かったです。

 

実は今、当店ではお子様に限りうまい棒が無料で食べられます。

 

お店のカウンターの上のかごに入ってますので、釣りをしながらでも食べてください。

 

数に限りがありますのでお早めに、無くなり次第終了です。

 

そして今日はそんなお子様でも簡単にアマゴが釣れていました。

 

 

手の中に隠れちゃって見えませんが、釣ったアマゴを握りしめています。

 

せっかく釣った魚、逃がしてしまってはもったいないですもんね。

 

また、オニテナガエビも釣れていました。

 

 

数は減ってきましたがオニテナガエビも釣れています。

 

名前に「オニ」なんてつきますが、食べるとすんごく美味しいエビなので釣りをしてみてはいかがでしょうか?

 

オニテナガエビの釣りでは、釣果に関係なく1匹をグリルにしてご提供します。

 

フードメニューにもオニテナガエビのグリルがゴザイマスので、単純に食べてみたい方は釣りではなくフードとしてご注文されてもいいかもです。

 

値段は400円になります。

 

ところでこんな雑誌を知っていますか?

 

 

このたび新しく発行されたムック本です。

 

これに当店が載っています。

 

 

ひとりでの行動って意外とつまんないと思う方もいると思いますが、ワタクシは単独行動が案外好きなほうです。

 

映画も一人で見る方が好きだし、ドライブなんかも目的地を決めず一人で行くのが好きです。

 

一人旅も昔はちょこちょこしていました。

 

そんなひとりが好きな方のために、1人でも楽しめる場所や物が載ってるこの本はかなり妄想出来ますよ。

 

仲間でワイワイやるのもいいですが、1人の時間も好きって人は必見です。

 

そんなわけで明日は日曜日、10時オープンです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

でわまた。

 

 

-吉祥寺店スタッフ募集中!!!-

 

シフト制

★時給1100円〜

仕事内容 :ホール、キッチン

お客様に楽しんで頂くお店です!

働いているスタッフも大いに楽しまなきゃいけません。

楽しくお仕事できる方、楽しくお仕事したい方、

是非是非一緒に働きませんか?

ご興味のある方、ご連絡下さい。

採用担当 齋藤

連絡先 080-5895-9126

 

 

 

 

★釣り掘りカフェ Catch&Eat 吉祥寺店★

営業時間 

平日・土曜 12:00-21:00

日曜・祝日 10:00-21:00

釣り掘り受付最終 閉店1時間30分前

ドリンクフードラストオーダー 閉店30分前

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F

TEL090-1213-6559

 

 

株式会社ビッグホーン

HP:http://www.bighorn.jp/

アマゴとチアユ

 

 

 

公式ホームページはコチラ

 

 

今シーズンのとしまえんフィッシングエリアは終了致しました。来シーズンも是非ともよろしくお願いいたします。

 

練馬店ブログも毎日更新中!!!!!

 

☆オニテナガエビ釣り☆

オニテナガエビ釣り、1時間につき1匹オニテナガエビのグリルサービス中!!
ぜひ!!!

料金/1時間・・・・1500円(オニテナガエビグリル1匹付き)

  30分延長・・・700円(オニテナガエビグリル1匹サービス中!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

皆様コンバンハ、ちゃどでゴザイマス。

 

昨日の放流でアマゴが入ったわけですが、本日ご来店されたお客様は順調に釣っていました。

 

ただ、釣果のほとんどがアマゴです、アユは本当に1匹か2匹程度混じったのみ。

 

 

こちらの釣果を見ればわかると思いますが、まあ見事にアマゴのみです。

 

残念ながら写真NGとのことでお写真はないですが、うまくタイミングを合わせて数を伸ばしてました。

 

ワタクシもオープン前に必ず試し釣りをしていますが、アマゴは上から落ちてくるものにメロメロになるっぽいです。

 

なので仕掛けを投入する際に、竿をゆっくりと操作してエサを漂わせるように落としていくといいです。

 

そうすることで何やらスイッチが入るのか、猛ダッシュしてパクっと食いつきます。

 

暫く待って魚が食べないようなら、いったん上にあげて、またゆっくり落としていく。

 

そんな感じでやってみるといいかもしれません。

 

これとは対照的なのがチアユで、底付近にエサを漂わせるほうがいいです。

 

ただ、今のところアマゴの活性が良すぎるため、アユよりも先にアマゴが食べてしまうから、お客様の釣果もアマゴが多くなってしまうんですね。

 

そうなると逆にアユが食べたいって人は苦戦するんじゃないか?って感じですが、現状だとアユとアマゴは釣り方が違うので

 

アマゴ狙いorチアユ狙いと、まず線をひいちゃった方がいいかもしれません。

 

アユを狙うなら、アマゴの猛攻に耐えて狙い続けるのが得策かも。

 

アマゴは今のところ好奇心旺盛で、すぐに食べに来るのであまり気を遣わず狙う事が出来ます。

 

どっちも食べたい欲張りさんは、アマゴなら中層、アユなら底と、狙う層を分けてみてください。

 

明日も12時オープンです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

でわまた。

 

 

-吉祥寺店スタッフ募集中!!!-

 

シフト制

★時給1100円〜

仕事内容 :ホール、キッチン

お客様に楽しんで頂くお店です!

働いているスタッフも大いに楽しまなきゃいけません。

楽しくお仕事できる方、楽しくお仕事したい方、

是非是非一緒に働きませんか?

ご興味のある方、ご連絡下さい。

採用担当 齋藤

連絡先 080-5895-9126

 

 

 

 

★釣り掘りカフェ Catch&Eat 吉祥寺店★

営業時間 

平日・土曜 12:00-21:00

日曜・祝日 10:00-21:00

釣り掘り受付最終 閉店1時間30分前

ドリンクフードラストオーダー 閉店30分前

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F

TEL090-1213-6559

 

 

株式会社ビッグホーン

HP:http://www.bighorn.jp/

 

アマゴ入りましたよ

 

 

 

公式ホームページはコチラ

 

 

今シーズンのとしまえんフィッシングエリアは終了致しました。来シーズンも是非ともよろしくお願いいたします。

 

練馬店ブログも毎日更新中!!!!!

 

☆オニテナガエビ釣り☆

オニテナガエビ釣り、1時間につき1匹オニテナガエビのグリルサービス中!!
ぜひ!!!

料金/1時間・・・・1500円(オニテナガエビグリル1匹付き)

  30分延長・・・700円(オニテナガエビグリル1匹サービス中!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

皆様コンバンハ、ちゃどでゴザイマス。

 

関東も梅雨入りしましたね、ワタクシの嫌いなシーズンの到来です。

 

ですが今日は梅雨の合間の晴れでした、個人的にはカラ梅雨希望です。

 

さて、つい先ほどですが放流が終わりました、今週もアマゴが入りましたよ。

 

チアユに比べると少しは釣りやすいアマゴ、この機会に釣ってみてはいかがでしょう?

 

本日の4人組のお客様もキャッキャ言いながら釣りしてました。

 

しかし途中から完全に真剣モードに入り、シーン。。。と静まり返る場面もありましたね。

 

 

その甲斐あって皆さんしっかりキャッチしてました。

 

 

そしてしっかり食べてもらいました。

 

明日も12時オープンです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

でわまた。

 

 

-吉祥寺店スタッフ募集中!!!-

 

シフト制

★時給1100円〜

仕事内容 :ホール、キッチン

お客様に楽しんで頂くお店です!

働いているスタッフも大いに楽しまなきゃいけません。

楽しくお仕事できる方、楽しくお仕事したい方、

是非是非一緒に働きませんか?

ご興味のある方、ご連絡下さい。

採用担当 齋藤

連絡先 080-5895-9126

 

 

 

 

★釣り掘りカフェ Catch&Eat 吉祥寺店★

営業時間 

平日・土曜 12:00-21:00

日曜・祝日 10:00-21:00

釣り掘り受付最終 閉店1時間30分前

ドリンクフードラストオーダー 閉店30分前

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F

TEL090-1213-6559

 

 

株式会社ビッグホーン

HP:http://www.bighorn.jp/

いや楽しい

 

 

 

公式ホームページはコチラ

 

 

今シーズンのとしまえんフィッシングエリアは終了致しました。来シーズンも是非ともよろしくお願いいたします。

 

練馬店ブログも毎日更新中!!!!!

 

☆オニテナガエビ釣り☆

オニテナガエビ釣り、1時間につき1匹オニテナガエビのグリルサービス中!!
ぜひ!!!

料金/1時間・・・・1500円(オニテナガエビグリル1匹付き)

  30分延長・・・700円(オニテナガエビグリル1匹サービス中!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

皆様コンバンハ、ちゃどでゴザイマス。

 

昨日、スタッフのリュウヤくんが最近ワタクシ達の間でハマりつつある釣り、チヌ釣りについて詳しく書いてましたね。

 

未知の部分が多い釣りなので、開拓と言うか攻略しがいのある釣りではあります。

 

そんなチヌ釣り、昨日ワタクシはお休みだったのですが誘われたら嫌とは言いません。

 

実釣でデータを頭の中に貯めていくのが経験値として熟成されますからね。

 

なのでたとえ釣れなくても、一緒に行った誰かが釣ればそれはデータとして蓄積されるのです。

 

と、言い訳がましく言いましたが、想像の通り釣れなかったです。

 

ワタクシはね。

 

ですが、リュウヤくんとオオサワくんは釣りましたよ。

 

P6050575 (2).jpg

 

むむっ

 

P6060580 (2).jpg

 

ワタクシは昨日は撮影と釣れたチヌを掬う係として招集されました。

 

まだまだ手探り状態なので、データを共有してメソッドを考えるのが楽しくて仕方ありません。

 

また時間があれば行きたいと思います。

 

さて、本日の吉祥寺店、生憎の雨模様でしたが店内には降るわけもなく、快適に釣りが出来ます。

 

今週の放流は明日となってますので、またフレッシュなアマゴたちが夕方以降に入ってきます。

 

ぜひぜひ遊びに来てくださいね。

 

明日も12時オープンです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

でわまた。

 

 

-吉祥寺店スタッフ募集中!!!-

 

シフト制

★時給1100円〜

仕事内容 :ホール、キッチン

お客様に楽しんで頂くお店です!

働いているスタッフも大いに楽しまなきゃいけません。

楽しくお仕事できる方、楽しくお仕事したい方、

是非是非一緒に働きませんか?

ご興味のある方、ご連絡下さい。

採用担当 齋藤

連絡先 080-5895-9126

 

 

 

 

★釣り掘りカフェ Catch&Eat 吉祥寺店★

営業時間 

平日・土曜 12:00-21:00

日曜・祝日 10:00-21:00

釣り掘り受付最終 閉店1時間30分前

ドリンクフードラストオーダー 閉店30分前

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F

TEL090-1213-6559

 

 

株式会社ビッグホーン

HP:http://www.bighorn.jp/

カントウノツリ、カンサイノツリ。

 

公式ホームページはコチラ

 

 

今シーズンのとしまえんフィッシングエリアは終了致しました。来シーズンも是非ともよろしくお願いいたします。

 

練馬店ブログも毎日更新中!!!!!

 

☆オニテナガエビ釣り☆

オニテナガエビ釣り、1時間につき1匹オニテナガエビのグリルサービス中!!
ぜひ!!!

料金/1時間・・・・1500円(オニテナガエビグリル1匹付き)

  30分延長・・・700円(オニテナガエビグリル1匹サービス中!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

どうもこんにちは。

 

サイトウリュウヤです。

 

昨日のチャドさんが書いたブログにもありましたが、今日もこれと言って書くことが無いのでクロダイ釣りについて書いちゃいます。

 

たぶん長くなります。

 

ですので、お暇な方だけ読んでいただければと思います。

 

「クロダイ」

 

基本的に湖の釣り、川の釣りが釣りの主体になっている自分からすると、ホントに馴染みのない魚でした。

 

知り合いや、仲間が釣ったお話を聞いては「へぇ〜、面白そうだねぇ・・」程度。

 

で、10年前くらいでしょうか?

 

何やらクロダイは関西ではポッパーで釣れる(らしい)ってことを色々なところで耳にするように。

 

この時は、「クロダイ」って魚の中にも実は数種類いるなんて事は知らず、「クロダイ」と言えば「マダイ」のように完全にそれ1種を指すものだと思っていました。

 

その後、沖縄に行ったときに、凄くきれいな銀ピカのタイがポッパー釣れて、なんじゃこりゃ?と。

 

調べてみたら、オキナワチヌ?ミナミクロダイ??まあなんしろ、いったい何が釣れたのか今では謎ですがポッパーで小さい「クロダイ」らしき魚が釣れたわけです。

 

と、ここで、色々調べたらクロダイって奴の中には数種類いて、本州で釣れるクロダイの中にはメインで2種類いるってことが判明しました。

 

関東には「クロダイ」が居て、関西地方は「クロダイ」のほかに「キチヌ」と言うのがいるらしい、との事。

 

「キチヌ」

 

そして、この「キチヌ」ってやつが「キビレ」と呼ばれ、ポッパーで釣れるらしい(←実はこれが間違い。)と。

 

もともと、エサ釣りでもトウモロコシやスイカで釣れるという自分からすれば謎の多い魚、「クロダイ」。

 

そして、「チヌ」って呼び方は関西でクロダイをそう呼ぶことから、正式名称が「キチヌ」と言われれば、関西にしかいない魚なんだと勝手に解釈。

 

因みに関西では「クロダイ」を「マチヌ」と呼ぶそうです。

 

で、時は立ち、ここ数年、「キチヌ」は浜名湖でも普通に釣れるらしい。ってことが判明。

 

そして、去年の夏。

 

家族で浜名湖にキャンプをしに行った際に、驚きの光景を。

 

浜名湖に流れこむドブ川に大量の「クロダイ」の姿。

 

「マチヌ」も「キチヌ」も入り混じってそりゃもう大量な数でした。。。

 

ホントに都市型河川に居る鯉くらいの量の「クロダイ」の数です。

 

「クロダイ」っている所にはこんなにいるの???って思っちゃうくらい。

 

満を持して、釣りメンバー招集。

 

再度、浜名湖に出陣。

 

そして、無事人生初「キチヌ」と言うか「キビレ」(まあどっちでもいいか)を釣る事が出来ました。

まあ、この一件で「キビレ」はポッパーで釣れる!ってのが確実に確信となり、

 

と同時に、色々調べてくうえで、どうやら普通の「クロダイ」ようは「マチヌ」もポッパーで釣れるらしいという事。

 

そして、ポッパーではないルアーでも釣れるらしいという事実が浮上したわけです。

 

関東で「クロダイ」(マチヌ)をルアーで釣ると言うとバイブレーションプラグで釣れるらしいってのは聞いたことがありました。

 

そして、相当な数の「マチヌ」が居ることもわかってます。

 

ですが、どうやら関西で盛んなその釣りはラバージグを使うらしいのです。

 

その名も「底ズル」って釣り方。

 

ポッパーで水面で釣れて、中層をブルブルさせても釣れて、底をズルズル引いてきても釣れる。。。。

 

「クロダイ」ってのは釣ろうと思ったら正直何でも釣れるのか?と思ってしまうほど。

 

そこで思い出します。

 

そういえだいぶ昔に、ゴーフィッシュ武田氏に「チヌボンボン」なるものを貰ったことを。。

 

クロダイ用のラバージグってアレの事かぁ〜!!!

 

正直、もらった時は、どう使っていいかもわからず、そのまま放置してました。。。

 

くれた時、武田さんはこう言ってました。

 

「これ投げて、底をゆっくり巻いとったら、チヌは一発。」

 

んなこと言われても、関東には「キビレ」とかどうせそんなにいないし。。。(←これ実はたぶん大きな間違い)

 

で、事の発端は、去年の秋口。

 

いつものようにアジ釣りをしていたら、ちょくちょく激しいアタリの後に物凄い引きと共にラインブレイクってが頻発する時が。

 

いったい何なんだろう?

 

かかってもジャンプもしないし、シーバス(スズキ)じゃないよねぇ?なんて話をしてた折り、ふと思い出します。

 

これ、もしかしてクロダイなんじゃない???

 

そこで、皆がアジ釣りをしている間に、クロダイを狙ってみることにしたんです。

 

勿論、大昔にもらった「チヌボンボン」を使って。

 

底を探るから根掛かりが凄いだろうという事で、ちょっと太めのPEラインに、本流で使う強めのトラウトロッドでやってみました。

 

結果、なんと魚は普通に掛かる事が判明。

 

それもちゃんと狙い通り「クロダイ」でした。

 

「クロダイ」どこにだって沢山いるじゃないか!!!

 

ですが、ここで問題。

 

魚は掛かるんだけどどうやっても魚をキャッチすることが出来ないんです。。。

 

最初にかかった1匹は想像をはるかに超える大きさの「マチヌ」でした。。。

 

ランディングネットを持っていなかったので、もたもたしていたらサヨウナラ。。

 

そして、その後の魚は掛かるけど、走られてフックアウトってのが多発。。

 

何だろう?これ、もしかしてタックルが強すぎるのか???

 

そういえば、タイラバの時も初めて行ったときは竿が強すぎてダメダメだったなぁ。。。。

 

タイはタイだし、引き方も似てるんだろう。んじゃあ。。。

 

という訳で、メバルロッドでやってみると、今度は逆に、合わせても即座にバレる感じ。

 

明らかなタックルパワー不足です。。。

 

そうこうしているうちに、真冬になり、メバル釣りが完全にシーズンイン。

 

しばし、チヌの件はお預けとなっていました。

 

そんな中でも、月に一度、武田さんが関東に来るときには一緒に釣りをしたり、飯を食ったり。

 

で、そんなときに色々チヌについて質問してました。

 

「まあ、6月になれば釣れだすと思うよ。」と武田さん。

 

そして、「東京湾にもキビレ沢山いると思うよ。マチヌがあんだけいるんだから、キビレがいないわけない」と言う発言。

 

またぁ〜、適当なこと言っちゃってさぁ・・って思って聞き流してました。

 

ですが、釣っちゃったんですよ、、、。

 

練馬店の小原君が。。

 

それも、アジ釣り用の超ライトタックルで。。

なるほど・・・キビレは少なからず居るし、タックルがライトでも、バットにソコソコなパワーがあれば、あの魚が強烈に暴れることを防げるんだ。。

 

ようは、無理やり引っ張りっこするよりも、竿の弾力で突っ走るのをジワっと止めてあげればいいってことね。

 

そして、そして、色々と紆余曲折あって、先日の釣りにつながるわけです。

 

真冬の間も、グーグルマップと今までのシーバス釣りをしてきた少ない経験をフル回転させて、個人的に場所は決めていました。

 

狙いは「大型河川の河口」です。

 

そして、まったく確信の持てない釣りに付き合ってくれる強い味方を2人召喚。

 

吉祥寺店のチャドさんと弊社イベント要因のオオサワ君。

 

ロッドは3人とも

Go-Phish/ul-76 P2 torzite

 

メバル・アジ〜チヌまで、すべてのライトソルトの専用ロッドです。

 

武田さん曰く、チヌのベストは「ちょっと強めのメバルテーパー」だそうです。

 

これに2500番のリールに細めのPEの組み合わせ。

 

「専用タックル」です。

 

もう道具のせいには出来ません。

 

そして、投げるのはこいつです↓

その名も、「チヌ釣るやつ」。

 

なんとも天才的なネーミング。

 

完全なる専用リグ。

 

これを使えば魚が居れば釣れない訳ありません。(たぶん)

 

2人とは日ごろから、架空のチヌ釣りの話は散々していました。

 

あくまで架空です。

 

想像、イマジネーションの世界です。

 

だって、「底ズル」やったことないですからね。

 

こんな感じなのかなぁ?こーすればいいのかなぁ?こんな感じのところにいるのかなぁ??釣れる季節はいつなんだろう???

 

いつも話していることの延長で、釣り場に立ってもそんなことを話しつつ、半信半疑で釣りをしていると、何とのっけから自分にアタリが!そして、完全に掛けバラシ。。

 

そしてその後、チャドさんに↓

見事なサイズのキビレです!!!

 

そして、その後、オオサワくんがまさかの3連発↓

全部キビレ!!!

 

そしてそして、俺は・・・・・・・。

 

残念ながらバイトやバラシはあったものの釣れませんでした!

 

けど、まあ、それも釣り。3人で大盛り上がり。

 

何しろ、そんなにいないだろうと思っていたキビレがまさか釣れるなんて・・・。

 

と言うかキビレしか釣れないなんて。。。。

 

これ、ホントに楽しいかも。。。

 

そんな久々な感覚です。

 

魚釣りは釣れる情報を得て釣りに行くってのも魚釣りで、もちろんそれも楽しいです。

 

ですけど、釣れるかわからない釣り、釣り方がわからない魚、それをどこでどう釣るかを考えるのが自分たちの中では1番楽しい事だったりしますし、個人的にはそれも全部踏まえて「魚釣り」です。

 

この釣りは、正直、ホントにそれにあたります。

 

「底ズル」は関西だけの特有の釣りではないって可能性をひしひしと感じます。

 

もしかしたら、数年後は当たり前に釣りになってるかもしれません。

 

とりあえず、そうなる前に、散々楽しませて頂くつもりです。

 

自分だけ釣れなくてなんか腹立ったので、次の日家族で遊びのついでに30分くらいでサクッと↓

場所と、釣れるであろう時間帯にある程度目星がつけば、後は行って釣るだけです。

 

数釣って情報の蓄積。

 

ここから先は、ある程度数を釣るなり、色々な場所に出向くなり、色々試していくつもりです。

 

何年越しでしょうか?やっとこの釣りのスタート地点に立てました。

 

楽しいです。

 

「底ズル」

 

とりあえず、参考にさせて頂いた動画、貼っておきます↓

 

とまあ、今日は長々とクロダイ釣りに関して書かせて頂きました。

 

興味ある方が一体どれだけいらっしゃるかわかりませんが、もしよろしければ是非、吉祥寺店に。

 

ほんの少しではあるでしょうが、アドバイス出来ると思います。

 

こりゃ、一度、武田さんをゲストに迎えて、お店でチヌ釣りイベントでもやりたいところです。

 

という訳で、ちょっと企画いたします!

 

そして、そんなお店ですが、普通にお魚もバッチリ釣れています。

 

まだまだアマゴちゃん釣れていますよっ!

 

是非!

 

では、明日も12時よりオープンです!

 

よろしくお願いします!!

 

 

-吉祥寺店スタッフ募集中!!!-

 

シフト制

★時給1100円〜

仕事内容 :ホール、キッチン

お客様に楽しんで頂くお店です!

働いているスタッフも大いに楽しまなきゃいけません。

楽しくお仕事できる方、楽しくお仕事したい方、

是非是非一緒に働きませんか?

ご興味のある方、ご連絡下さい。

採用担当 齋藤

連絡先 080-5895-9126

 

 

 

 

★釣り掘りカフェ Catch&Eat 吉祥寺店★

営業時間 

平日・土曜 12:00-21:00

日曜・祝日 10:00-21:00

釣り掘り受付最終 閉店1時間30分前

ドリンクフードラストオーダー 閉店30分前

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F

TEL090-1213-6559

 

 

株式会社ビッグホーン

HP:http://www.bighorn.jp/

新たなターゲット

 

 

 

公式ホームページはコチラ

 

 

今シーズンのとしまえんフィッシングエリアは終了致しました。来シーズンも是非ともよろしくお願いいたします。

 

練馬店ブログも毎日更新中!!!!!

 

☆オニテナガエビ釣り☆

オニテナガエビ釣り、1時間につき1匹オニテナガエビのグリルサービス中!!
ぜひ!!!

料金/1時間・・・・1500円(オニテナガエビグリル1匹付き)

  30分延長・・・700円(オニテナガエビグリル1匹サービス中!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

皆様コンバンハ、ちゃどでゴザイマス。

 

遠征から帰った翌々日、仕事終わりで釣りに行きました。

 

いつもならアジやメバルを釣りに行くんですが、今回はちょっと趣向を変え、新たなターゲットにチャレンジしました。

 

それはですね、チヌです。

 

チヌって言うと聞きなじみが無いと思いますが、こっちで言うとクロダイです。

 

関西方面ではクロダイをマチヌと言うらしいです。

 

その、クロダイの近似種にキビレチヌって言うのがいるんですが、ワタクシが若いころはキビレは関東にいませんでした。

 

せいぜい静岡ぐらいまでで、東京湾にキビレがいるなんてことはなかったのですが、昨今、関東でもキビレが釣れるようになってきました。

 

クロダイは魚影が濃く、専門に狙ってる釣り人もいますよね?

 

ワタクシもシーバスを釣っていてクロダイが釣れたのは何度もあります。

 

だけどキビレは釣ったことないし、釣れるのなら釣ってみたい!

 

ですが、どこへ行けばいいのか、どうやって釣ればいいのか、わからないので1人で行くのをためらっていたのですが、スタッフのリュウヤくんが道連れになってくれると言うので挑戦してみました。

 

とりあえず河川の河口部で、底に石や貝殻がありそうなところをピックアップしてそこで釣りをしてみます。

 

まあ、初めてなので釣れなくても全体的なイメージが得られればと思ってたんですが、、、

 

 

釣れちゃいました。

 

初めての魚種なのでいきなり興奮マックスです。

 

ワタクシのクセである、釣れて感情が最高潮に達すると、けたたましく笑いだすというのもしっかりと出ちゃいました。

 

 

すんごいカッコいい魚じゃないですか?

 

尾びれには黄色のワンポイント、背びれはまるで北斗の拳に出てくる雑魚キャラのようにモヒカンチックで今にも「ヒャッハー!」って言いそうです。

 

たまたま釣れちゃったのかもしれませんが、アタリはけっこうあったし、同行した大澤くんも釣ってるからおそらく魚影は濃いんじゃないかって思ってます。

 

ただ、根掛かりが激しいのでそこをいかに回避するかってのが今後の課題ですね。

 

でもね、関東ではまだまだ未開拓の釣りでもあるので、釣り人が少ない今のうちにボコボコ釣ってやろうと画策中でゴザイマス。

 

必要な道具は発注したし、届き次第また行きたいですね。

 

さて、本日の吉祥寺店ですが、週の始まりの月曜日とあってお客様は少なめ。

 

当然プレッシャーも低いわけで、来られた方は確実に釣っていました。

 

残念ながら今日はお客様の写真はありませんが、皆さん釣っていましたよ。

 

明日も12時オープンです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

でわまた。

 

 

-吉祥寺店スタッフ募集中!!!-

 

シフト制

★時給1100円〜

仕事内容 :ホール、キッチン

お客様に楽しんで頂くお店です!

働いているスタッフも大いに楽しまなきゃいけません。

楽しくお仕事できる方、楽しくお仕事したい方、

是非是非一緒に働きませんか?

ご興味のある方、ご連絡下さい。

採用担当 齋藤

連絡先 080-5895-9126

 

 

 

 

★釣り掘りカフェ Catch&Eat 吉祥寺店★

営業時間 

平日・土曜 12:00-21:00

日曜・祝日 10:00-21:00

釣り掘り受付最終 閉店1時間30分前

ドリンクフードラストオーダー 閉店30分前

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F

TEL090-1213-6559

 

 

株式会社ビッグホーン

HP:http://www.bighorn.jp/

Catch The Rainbow #Final

 

 

 

公式ホームページはコチラ

 

 

今シーズンのとしまえんフィッシングエリアは終了致しました。来シーズンも是非ともよろしくお願いいたします。

 

練馬店ブログも毎日更新中!!!!!

 

☆オニテナガエビ釣り☆

オニテナガエビ釣り、1時間につき1匹オニテナガエビのグリルサービス中!!
ぜひ!!!

料金/1時間・・・・1500円(オニテナガエビグリル1匹付き)

  30分延長・・・700円(オニテナガエビグリル1匹サービス中!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

皆様コンバンハ、ちゃどでゴザイマス。

 

遠征の模様も今日で最後です、メモリアルフィッシュとの出会いはあったのか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大人の遠足も今日でいよいよ終わり、夜には機上の人とならなくてはならない。

 

釣り場から空港までの道のりと、撤収作業を考えたら午後3時には釣りをやめなければならない。

 

この日は前日に反応の良かったエリアまで一気にカヤックを走らせた。

 

釣りをスタートしてすぐにバスがルアーをチェイスするのが見える、しかし何かが違う。

 

追ってきても食わないのだ。

 

昨日の鉄板パターンが通用しない、またふりだしに戻ってしまった。

 

魚が濃いエリアに変わりはないようなので、あとはこの魚をどう食わせるかだけなのだが、これがなかなか厄介な作業となる。

 

持って行ったルアーをあれこれ試すわけだが、ひとつのルアーに何通りものアクションのパターンがあり、それをひとつひとつ試して、ダメなら選択肢から消していく。

 

アングラーの想像力がものをいう釣り方だが、これが楽しくて魚をキャッチした瞬間の達成感がたまらないのだ。

 

しばらくして吉野さんが釣る。

 

前日と同じくその1匹から推測し、さらにパターンを煮詰める。

 

その結果、前日とのあきらかな違いはルアーのスピードだった。

 

前日よりも速く巻かないとルアーにアタックしてこない。

 

遅すぎてもダメだし速すぎてもダメ、チェイスの最中に止めてしまってもダメなのだ。

 

バスが食ってくる速度を微妙に調整しながらルアーを通すと、どこからともなくバスが現れルアーの後ろに着きアタックしてくるのだ。

 

chad iPhone7.jpg

 

この日も生憎の天気で、降りこそ強くないものの雨が降ったりやんだりだった。

 

ショアラインがなだらかで、マテリアルは石ではなく土、そこにレイダウンや竹などのストラクチャーが絡めば高確率でバスからの反応はあった。ただ、バスが回遊している場所は、トップウォータープラグで釣りをするにはかなり深い場所。

 

おそらくそこから上まで一気に上がってくるのでどこからともなくという表現がピッタリなのだろう。

 

そんなシチュエーションの場所をカヤックでラン&ガンしながら釣りをする。

 

時間も午後に入り、残された時間はあまりない。吉野さんは最後の1匹を釣り、自分のロッドを置いて操船をサポートしてくれた。

 

釣れていないわけではないので焦りは微塵もなかった。

 

ただ、この釣りが、この瞬間まで楽しくて楽しくて仕方がなくて、まるで子供のように無心にルアーを投げていた。

 

何十年やってるかわからないこの釣りだが、こんなにも楽しくやれる環境と、一緒に釣りをする人のおかげでいつも新鮮な気持ちで出来るのがワタクシの中でのこの釣りの最大の魅力である。

 

時間は無くなっていくのに、この先のあの岬まで、さらにその先の冠水植物まで、と、ルアーを投げたい欲が止まらない。

 

どこかで線を引かなければ飛行機に乗り遅れるのにである。

 

しかしその線を引くタイミングは突如としてあらわれた。

 

岸からの植物が湖面に浸かる大きなストラクチャー。

 

岸のマテリアルは土とガレ場の混合。

 

マスターフレックスを岸際に投げる、そして水面をヨタヨタと泳がせながら巻いてくる。

 

スピードは前日より速め。

 

すると今日見た中で一番の個体がルアーをロックオン、一定距離をおきながらルアーを追従する。

 

このバスが口を使うかどうかは昨日、今日の釣りでほぼわかる。

 

「着いた!デカい!コイツは食いますよ」

 

そう吉野さんに告げた瞬間、大きな口を開けてルアーをひったくった。

 

「食った!」

 

そう声をあげたと同時にバスが猛ダッシュ、ロッドが一気に絞られるが、絶大なる信頼を置いているロッドである、自分の腕の一部となり魚をいなす。

 

船に近づいたところで一気に下に潜るのだが、ロッドのバットパワーを最大限に活かしバスをリフトさせる。

 

目前に浮かせたバスを見た瞬間、「これはデカい」そう思った。

 

吉野さんはランディングネットを持ってスタンバイ、抵抗を諦めたビッグワンを誘導しネットイン!

 

正直この時点ではせいぜい50センチ後半がいいところだろうと思っていた。

 

ワタクシが過去に釣り上げたバスのレコードが56センチなので、それを越えればなと。

 

それぐらいにしか思っていなかった。

 

が、ネットから出したバスを見て改めて大きさに驚く。

 

そして計測。

 

口を閉じ、尾を開き、閉じた口が差す目盛り。

 

60!

60?!

60だよね?

 

何度見ても60、そう、ワタクシは多くのアングラーが夢見てやまない60センチを釣ってしまったのだ。

 

ロクマル改.jpg

 

目盛りを見た瞬間に手がガタガタと震えだす。

 

ロクマル改1.jpg

この時、しばらく何をどうしたのかあまり記憶にない。

 

ハッと我に返ったのは吉野さんから握手を求められた時だった。

 

ロクマルを釣ってしまった。。。

 

「釣ってしまった」という表現が適切なのかどうかはわからないが、心情的に素直な表現をするとそういう言い方になる。

 

「そろそろ戻りましょう」

 

吉野さんにそう言われ、冷静さを取り戻しエントリー場所付近まで戻る。

 

実はこのロクマルを釣ったあとも50と48を釣っているのだが、もうそんなことはどうでもいいぐらい頭の中がコンヒューズしていた。

 

ひとつだけハッキリと覚えているのは、雨がやんだ空には虹が出ていたこと。

 

虹の根元を子供の頃見たいと思っていた、そんなの無理だってわかってるのに。

 

今回の釣行はまるで虹の根元に行ってそれを触ったぐらいの不可能を可能にした気がする。

 

大人の遠足で童心に還れる、それこそがどれだけ楽しんだかの証になるのではないだろうか。

 

それには共有出来る仲間がワタクシには必要不可欠で、それが吉野さんで本当に良かったと思っている。

 

作り手と使い手が一緒に釣りをすることによる化学変化、この点でも吉野さんがいなければ成立しなかった。

 

いろんな意味で今回の遠征は思い出に残るであろう。

 

ちなみにこの日の釣果は50,44,48,60,50,48センチの計6匹

 

3日間トータルで18匹、そのうち50アップは60を含め7匹と出来過ぎなぐらいの釣果だった。

 

遠征は楽しんだもん勝ち、あんまり釣れなくたって楽しいのに釣果が伴えばもっともっと楽しくなる。

 

羽田に着いた時、雨が降っていたのだが、ワタクシの目にはハッキリと虹が見えていた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

はい、そんな感じで遠征の模様をお送りしました。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

さて、本日の吉祥寺店ですが、皆さん順調に釣れていました。

 

 

小さなお子様もしっかり釣っていました。

 

 

美味しく食べてもいただきました。

 

日曜日で店内は混雑しましたが、それでも皆さん楽しまれていたようです。

 

魚はまだまだ残っているのでぜひ遊びに来てくださいね。

 

明日は12時オープンです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

でわまた。

 

 

 

-吉祥寺店スタッフ募集中!!!-

 

シフト制

★時給1100円〜

仕事内容 :ホール、キッチン

お客様に楽しんで頂くお店です!

働いているスタッフも大いに楽しまなきゃいけません。

楽しくお仕事できる方、楽しくお仕事したい方、

是非是非一緒に働きませんか?

ご興味のある方、ご連絡下さい。

採用担当 齋藤

連絡先 080-5895-9126

 

 

 

 

★釣り掘りカフェ Catch&Eat 吉祥寺店★

営業時間 

平日・土曜 12:00-21:00

日曜・祝日 10:00-21:00

釣り掘り受付最終 閉店1時間30分前

ドリンクフードラストオーダー 閉店30分前

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F

TEL090-1213-6559

 

Catch The Rainbow #2

 

 

 

公式ホームページはコチラ

 

 

今シーズンのとしまえんフィッシングエリアは終了致しました。来シーズンも是非ともよろしくお願いいたします。

 

練馬店ブログも毎日更新中!!!!!

 

☆オニテナガエビ釣り☆

オニテナガエビ釣り、1時間につき1匹オニテナガエビのグリルサービス中!!
ぜひ!!!

料金/1時間・・・・1500円(オニテナガエビグリル1匹付き)

  30分延長・・・700円(オニテナガエビグリル1匹サービス中!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

皆様コンバンハ、ちゃどでゴザイマス。

 

昨日、お店終わりで軽く釣りに行きました。

 

キビレチヌを釣ったんですが、この魚ってちょっと前まではあまり東京湾では見かけない魚だったんですよ。

 

それが狙って釣れるようになるなんて地球環境が変化してるんですねえ。

 

さて、昨日に引き続き遠征の模様を書いてみたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

遠征2日目、この日と翌日は違うリザーバーでの釣行予定。

 

天気は生憎だが、大人の遠足での釣りは朝暗いうちから出発するなんてことはしないで、のんびりと釣り場へと向かう。

 

着いた先は大規模なリザーバー。

 

ワタクシはこの場所で釣りをするのは4回目、普通ならある程度の情報を持っていなければおかしいのだが、楽しさが優先してしまうとどこで釣れた、とか、いつ来た、という記憶が曖昧になるものである。

 

おかげでいつも新鮮な気持ちで釣りが出来るのはいいのだが、大きな場所は魚がどこにいるのかを探さなければならない。

 

直前までに仕入れた情報では、岩盤がいい。とか、ワンドには魚が多かった。などゼロから魚を探す必要を減らすための努力はしていた。

 

釣りを開始して、まずは昨日のルアーのパターンを試す。

 

場所が違えば使うルアーも違ってくる、だけど狙う魚は同じ。それに昨日釣れたパターンをゲン担ぎのように使ってしまうこともある。

 

しかしこの日はそれがまったく効かない。まあ、場所が違うのだからそれはある程度想定内。

 

ルアーを変えて試すが、しばらくしてふと気づいた。

 

魚がいないんじゃないか?

 

いろいろなルアー、いろいろなアクションを駆使してもバスからの反応がないのだ。

 

事前に聞いていた岩盤も反応がない、ワンドにも魚がいない。

 

こうなるとゼロから魚を探さなければならなくなる、とにかく魚を見なければその後の展開すら組み立てられない。

 

そこで、岩盤エリアを攻めるという選択を外した。

 

消去法の釣りは弱気なんかじゃない、あくまでも答えを導き出すための戦法で、遠回りの様だが確実に魚には近づける。

 

そしてワンドの釣りも選択肢から外した。

 

それでも魚が見れない。。

 

もう何時間、手を変え品を変えやっただろう、このままでは釣れないことも大いにある。

 

正直、前日に良い釣りをしているのでここでは釣れなくてもいいかと思っていた。

 

大人の遠足には心のゆとりが必要なのだ。と、強がってみたが、次の日もここでの釣りとなると今日釣れないと翌日も釣れないなんてことになる。

 

それは避けたい。もはや心のゆとりなどどこかに消え失せてしまったようだ。

 

吉野さんの提案でエリアを大きく変えることにする。

 

そしてまた消去法の釣り、エリアが変われば魚の着く場所も変わるのか。それを確認しながらの釣りは一見不毛のようにも思えるが、推測を確信に変えるためには必要な作業だ。

 

ほどなくしてバスの姿を見るようになった。

 

エリアは間違っていない、あとはルアーのパターンをどうアジャストするかだ。

 

ワタクシは相変わらず先日のパターンを引きずり、バカの一つ覚えのような釣りを展開していた。

 

そんな矢先、吉野さんが釣った。

 

tamatama.jpg

 

この1匹は我々にとってかなりデカい1匹となった。

 

この1匹から得られる情報、それを元にゲームを組み立てる。

 

しかし、そのパターンはワタクシがもっとも苦手とするパターン、なかなかそのパターンにハメることが出来ずに他のパターンを模索していた。

 

そんな間にも吉野さんはポンポンと釣っていく、ここは苦手意識を克服するためにも吉野さんのパターンに倣ってやってみる。

 

chad iPhone4.jpg

 

あっけなく釣れてしまった。

 

それからは飽きない程度に釣れてくる、さっきまでの悶絶した時間はなんだったのだろう。

 

同じアクションを出すことが出来る違うルアーも釣れるのか試してみる。

 

chad iPhone6.jpg

 

釣れた。

 

色々な推測が確信に変わった瞬間の1匹だ。

 

こうなると心にゆとりも出てくる。

 

インレット.jpg

 

休憩がてらインレット付近に上陸して、辺りを散策する余裕すら出てくる。

 

大人の遠足はこうでなくてはならない。

 

エリアを絞れれば翌日のプランも立てやすい、しかも釣れるシチュエーション、釣れるルアーも掴めているのであれば、翌日はそれを最初から実行すればいいのだ。

 

chad iPhone5.jpg

 

辺りも暗くなろうとする直前、帰りがけに52センチをキャッチしてこの日は終了。

 

山間部のリザーバーは暗くなり始めたら漆黒の闇に包まれるのにそう時間はかからない。

 

疲れた体に鞭を打つように撤収作業を済ませ釣り場をあとにした。

 

この日の釣果は43,44,45,48,48,42,52センチの計7匹だった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

というわけでしつこいですが明日に続きます。

 

さて、本日の吉祥寺店は土曜日ということもありなかなか混雑していました。

 

昨日入ったアマゴ達が順調に釣れています。

 

チアユもまだまだ沢山いて、アマゴほどではありませんが釣れています。

 

 

 

どちらも食べておいしいお魚なので皆さん遊びに来てくださいね。

 

明日は10時オープンです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

でわまた。

 

 

-吉祥寺店スタッフ募集中!!!-

 

シフト制

★時給1100円〜

仕事内容 :ホール、キッチン

お客様に楽しんで頂くお店です!

働いているスタッフも大いに楽しまなきゃいけません。

楽しくお仕事できる方、楽しくお仕事したい方、

是非是非一緒に働きませんか?

ご興味のある方、ご連絡下さい。

採用担当 齋藤

連絡先 080-5895-9126

 

 

 

 

★釣り掘りカフェ Catch&Eat 吉祥寺店★

営業時間 

平日・土曜 12:00-21:00

日曜・祝日 10:00-21:00

釣り掘り受付最終 閉店1時間30分前

ドリンクフードラストオーダー 閉店30分前

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F

TEL090-1213-6559

 

 

株式会社ビッグホーン

HP:http://www.bighorn.jp/

Catch The Rainbow

 

 

 

公式ホームページはコチラ

 

 

今シーズンのとしまえんフィッシングエリアは終了致しました。来シーズンも是非ともよろしくお願いいたします。

 

練馬店ブログも毎日更新中!!!!!

 

☆オニテナガエビ釣り☆

オニテナガエビ釣り、1時間につき1匹オニテナガエビのグリルサービス中!!
ぜひ!!!

料金/1時間・・・・1500円(オニテナガエビグリル1匹付き)

  30分延長・・・700円(オニテナガエビグリル1匹サービス中!)

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

皆様コンバンハ、ちゃどでゴザイマス。

 

3日間の釣り遠征から帰ってきました。

 

なにやら昨日のブログでリュウヤくんがワタクシの釣果的なものを告知したそうで、そのおかげでハードルがグーンと上がっていますが、皆さんが釣りをしたくなるような内容を書けるか不安です。

 

報告がてらつらつらと書きますんでお時間のある方は読んでみて下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

釣りと言うものを趣味にしている人は全国にどれぐらいいるのだろうか。

 

一口に釣りを趣味にしていると言っても、釣り自体、多彩なジャンルがあるわけで、音楽で言えばジャズが好きです。

 

とかヒップホップやR&Bをよく聴きます。

 

と言うように、釣りにも魚種による好みが各人にもあるようだ。

 

ワタクシの場合はルアーで魚を釣るのが好きで、対象魚は淡水、海水問わず結構な数になる。

 

その中でも昔からやり続けているのが「ブラックバス」と言う魚を狙う釣りである。

 

その「ブラックバス」をルアーで釣るにはそれこそ多種多様なルアーがあり、状況に応じてルアーの種類を変えて狙うのが一般的な釣り方なのだが、ワタクシの場合は少し違う。

 

「トップウォータープラグ」

 

釣りをしない人はなんのことやら?と思うだろう。

 

これは所謂、水面で使うルアーのことである。

 

ワタクシのブラックバス釣りは、このトップウォータープラグしか使わない釣りなのだ。

 

水面で使う以上、バスが水面までルアーを食いに来てくれないと釣り自体が成立しない。

 

勿論、そうなれば丸一日やって1匹も釣れないなんてことはザラにあるわけで、ではなぜそんな釣りをするのかと不思議に思うかもしれない。

 

自分でもよく考える。なんでこの釣りが好きなんだろう?って。

 

恐らくはルアーをバスに食わせるまでのプロセス、そこにはルアーをいかに自分の意のままに操り、それをいかにバスに食わせるかという点と、ルアーが水面にある以上、バスが食らいつく瞬間が見れるわけで、勇猛果敢なバスがルアーに強烈にアタックする瞬間に興奮を憶えるからだろう。

 

そんなブラックバス、この魚を狙うアングラーには共通の思いがある。

 

それは魚のサイズである。

 

ひとつの目標としてのサイズは誰しもが50センチなのではないだろうか?

 

目標にするぐらいだから簡単には釣れない、それこそ魚影の濃いパラダイスのような場所があるなら話は別だが普通に釣りをしていてそのサイズを狙ってもなかなか釣れるもんじゃない。

 

そしてもうひとつのサイズ。

 

これはもう夢と言っても過言ではないのだが60センチがおそらくバスアングラーの誰もが夢見るサイズであろう。

 

夢見るというぐらいなので本当に稀にしか釣れないのは、やはりバスアングラーの共通の認識でもある。

 

バスフィッシングの本場、アメリカやメキシコにわざわざ行ってそのサイズを釣り、夢を叶えるアングラーも少なくない。

 

それぐらい釣ることが難しいのだ。だからこそアングラーはそのサイズを敬愛の念を込めて「ロクマル」と呼んだりもする。

 

しかし夢はあくまでも夢、かく言うワタクシもいつかはロクマルとは思っていても、夢なんだから釣れるなんて思っちゃいない。

 

だからせめてそれに近い50センチ〜59センチまでのサイズを目標に釣りをしている。

 

正直言ってサイズを狙って釣れるほどのスキルも理論も持ち合わせていないワタクシがそんな50アップを釣ろうと思ったら、より沢山の50アップがいる場所と、50アップが釣れる時期を狙わなければいけないわけです。

 

バスの都合に合わせるのはトップウォータープラグしか使わない時点でアウトでしょう。

 

しかし、確率を上げることは出来るはず。そう思って時期を合わせるようにしたのが去年の今頃だった。

 

時期をこの時期に絞る理由はいろいろあり、それこそ経験がものをいうのだが、知らない土地の釣り場では自分の経験をフルに活かせるわけでもない。

 

そんなワタクシと一緒に釣りをしてくれるローカルアングラーの吉野さんと3日間、本気でサイズを狙おうと綿密な計画を立て、今年は5月の28〜30日とした。

 

ワタクシからしてみれば、住んでる場所から程遠い中国地方の釣り場に行くわけなので、本気で狙うと言いつつも、そこには釣りをプロセスまで楽しむための物であったり人であったりが必要不可欠であるわけで、特に同行者は重要になる。

 

吉野さんは自分でルアーを作るプロのルアービルダーだ。

 

ワタクシはそんな吉野さんの作るルアーを好んで使っている。そんなルアーの作る側と使う側が一緒に釣りをするのは、なにか面白い化学反応があるようで毎回楽しみにしているのだが、今回も空港に迎えにきてもらった時点からくだらない話や音楽の話などで盛り上がり、釣り場まで向かう時間はあっという間だった。

 

そう、これはバスフィッシングと言う名の大人の遠足なのだ。

 

初日に入ったのは山あいにある中規模のリザーバー。

 

去年ここに入った時にひとつのパターンが爆発した記憶がある。

 

本来はそう使わないであろうルアーのアクションで、大きいサイズがルアーめがけて突進してくる。

 

今年も通用するのかはまだわからないが、まずは彼の作ったルアーの中でも新しい物から試していく。

 

平日ということもあり湖面は貸切状態、うぐいすや他の鳥の鳴き声以外に聞こえるのはたまに通る車のエキゾーストぐらい。

 

二人乗りのカヤックでのんびりと釣りをする時間は贅沢にさえ思うのだが、それに比例するようなバスからの反応はない。

 

4時間ぐらい経っただろうか、ここで初めて去年のパターンを試してみる。

 

エリア的には有望と思われる場所でこのパターン、答えは早かった。

 

chad iPone1.jpg

 

カヤックと言う乗り物は動力を使わない、そのぶん魚に警戒心をあまり与えずに釣りが出来る。

 

ちなみにこのファーストフィッシュ、サイズは50センチジャストでした。

なにげに今期の初バスが50アップなんて幸先良し。

 

これを皮切りに、このルアーの決まったアクションでしか釣れないことに気付く。

 

3匹釣ったところで他のルアーで食わせたくなった。

 

アクションとしてはベイトが逃げ惑うパニックアクションに近い。

 

ならば捕食の際にルアーが軌道を大きく逸らせることでスイッチが入るのではと思いルアーチェンジ。

 

chad iPhone2.jpg

 

ほらね、釣れた。

 

このルアー、本来なら後ろにブレードがついてるのだが、それを外しフックをつけたアカメ仕様。

 

ジャークでダイブさせてを繰り返し、ここぞという場所でルアーの軌道を上に逸らす。

 

シーバスではワタクシの常套テクニックであったりする。これを活かせるなんて、なんて素直な魚であろう。

 

この日の状況判断を二人で共有、釣り方をアジャストすることによって午後からの釣りにもかかわらず5匹のバスを釣ることが出来た。

 

サイズは50×2、49、48、52センチだった。

 

このリザーバーでは我々の目論見はほぼ正解だったのではないだろうか。

 

去年のパターンを試しながら、今年の状況にジャストに合わせることで得た釣果であろう。

 

うぐいすの鳴き声も聞こえなくなり、うすぼんやりと星が見え始める頃、この釣り場を後にした。

 

明日に続く。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

というわけで1回じゃ書ききれないので3回に分けてみたいと思います。

 

明日も書きますので暇な方は見てくださいね。

 

そして本日は放流日です。

 

 

可愛いアマゴが入りました。

 

 

本日最後のお客様が見事アマゴをキャッチしていましたね。

 

明日からの週末はアマゴとチアユが釣れると思いますので遊びに来てくださいね。

 

明日は12時オープンです。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

でわまた。

 

 

-吉祥寺店スタッフ募集中!!!-

 

シフト制

★時給1100円〜

仕事内容 :ホール、キッチン

お客様に楽しんで頂くお店です!

働いているスタッフも大いに楽しまなきゃいけません。

楽しくお仕事できる方、楽しくお仕事したい方、

是非是非一緒に働きませんか?

ご興味のある方、ご連絡下さい。

採用担当 齋藤

連絡先 080-5895-9126

 

 

 

 

★釣り掘りカフェ Catch&Eat 吉祥寺店★

営業時間 

平日・土曜 12:00-21:00

日曜・祝日 10:00-21:00

釣り掘り受付最終 閉店1時間30分前

ドリンクフードラストオーダー 閉店30分前

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F

TEL090-1213-6559

 

 

株式会社ビッグホーン

HP:http://www.bighorn.jp/